• iPhoneアプリを早く開発する方法

    iPhoneアプリはアップル社の提供しているガイドラインに沿って開発すると審査も通りやすく早くアプリを出しやすいのですが、Xcodeを利用する場合新たにObjective-cかSwiftを習得しなくてはならず、WEBデザイナーの方やJavaを学んだ方には敷居が高いものでした。



    しかし、サードパーティ製の開発環境が揃ってきたこともあり、さまざまな分野で活躍している方々がiPhoneアプリに参入しやすくなっています。


    アプリ開発をするためには開発キットが必要ですが、それぞれの言語用に開発キットが用意されつつあります。

    Yahoo!ニュースを詳しく調べるなら便利なサイトです。

    WEBデザイナーの方にはPhonegapやCordovaが利用できます。


    PhonegapなどはUIをHTML5で作成し、動きについてJavascriptで作成しますが、どちらも通常のWEBサービスを作れればよいレベルで作成可能です。

    また、AndroidやサーバープログラムをJavaで書いてきた方々がにもLibgdxやRoboVMなどを利用すればすべてをJavaで書くことが可能です。また、Windowsプログラムをしてきた方々でC#がよければUnityやXarmine、C++がよければXCODEでそれぞれプログラムが書けます。